遺跡から出土した土器片試料の顕微鏡観察用薄片を製作いたしました

2020/06/26

【概要】遺跡から出土した土器片試料の顕微鏡観察用薄片の製作

【試料】土器片

【作製方法】前処理(樹脂包埋)後、通常通りの薄片製作

【納入先】東京国立博物館

【担当者からのコメント】遺跡に携わることは、幼少時からの夢でした。今回試料製作に関わったことは身に余る大変光栄なことです。微小・希少試料の製作は以前から依頼があったので、製作に関する問題は無かったと自負しております。

【依頼者からのコメント】お預けしたサンプルが、とてもきれいな薄片となって戻ってきました! 自分自身でも薄片を作ったことが何回かありますが、今回のものは出来栄えが大違いです(←当たり前ですが)。

 土器片を薄片にして顕微鏡観察することで、どんな粘土が使われているかが分かり、その製作地を推定することができます。今回の薄片も、古代の交易などを解明する手がかりとなりそうです。 今後、精密な成分分析を実施するなど、さらなる共同研究の可能性があるのも、依頼先が大学ならではのことでははいでしょうか。

お問い合わせ

キーワード

ページトップに戻る